仙台ヘルス シルクハット(店舗型)

仙台・国分町の優良店舗型マットヘルス!
当店は仙台で20年の実績を持つ本格的マットヘルスです。お客様に安心して、遊んでいただけるお店で女の子は癒し系が多く、身も心もご満足していただけます。仙台きっての人気店で厳選された美女たちと存分にお楽しみください。

シルクハット
シルクハットは、性風俗関連特殊営業届出済みです。

MEMO: 当サイトは、性風俗店の情報紹介ページです 18歳未満の方の風俗店への立ち入りは堅く禁じられています。
18歳未満者がシルクハットを閲覧しても役立つ情報は存在せず該当する方の閲覧はご遠慮願います。
シルクハットに掲載されている情報の中の風俗店は、性風俗関連特殊営業届出済みの風俗店です。

Copyright(C) シルクハット rights reserved.
当サイトに掲載されている全てのデータの著作権は シルクハットに属します。
これらのデータの無断転載・無断複製を堅く禁じます。

【★注意点★】
申し訳ありませんが、外国人のご入店はお断りさせていただきます。
日本人だけご利用できます。
I'm sorry but foreigners are not accepted.
Only Japanese can use it.


【店内写真】
★入口★ ★お部屋★



【シルクハットではコンパニオンを募集中です】
求人情報
数少ない人気の店舗型なので、初心者でも安定して、安全に働くことができます



【★お店への地図★】



ファッションヘルス(fashion health)とは★
一般に女性従業員が男性客に個室で性的なサービスを提供する日本におけるいわゆる風俗店の一種。ソープランドのような浴室は無いがシャワーと個室が設置されている。略して「ヘルス」とも。


★国分町について★
国分町(こくぶんちょう)は、仙台市青葉区にある町名・街区のひとつである。
江戸時代には仙台城下町における奥州街道沿いの町人町として、大町とともに商業の中心として栄えた。明治以降は中心業務地区化し、高度経済成長後には2丁目が東北地方随一の歓楽街となった。


仙台市都心部にある地区名のひとつであり、南北に走る国分町通を中心に発達している。広瀬通南側の1丁目、定禅寺通と広瀬通の間の2丁目、定禅寺通北側の3丁目からなる。
1丁目はオフィス街であるが、2丁目は東北地方随一の歓楽街となっており、その歓楽街を指して地元では「分町」(ぶんちょう)と呼ばれることもある。
3丁目には仙台市役所があり、定禅寺通と市役所前の市民広場を中心に、仙台光のページェントや定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台等の仙台を代表するイベントが行われている。
江戸時代には仙台城下の中心であった芭蕉の辻から北は表小路まで、奥州街道の一部として南北に細長く伸びる町で、大町と一、二を争う商業中心として栄えていた。現在の読みは「こくぶんちょう」であるが、江戸時代には「こくぶんまち」であり、地元では「こっぷんまち」「こっぽんまち」と発音した(参照)。1970年(昭和45年)の住居表示実施にともなう町名変更で東西に範囲を広げ、1丁目から3丁目に分けられた。


★仙台について★
仙台市(せんだいし)は、宮城県中部に位置する、同県の県庁所在地かつ政令指定都市である。また東北地方最大の都市でもある。

仙台市都心部周囲には広瀬川や青葉山などの自然があり、また都心部にも街路樹などの緑が多いことから、「杜の都」との別名をもつ。市は「学都仙台」「楽都仙台」などのキャッチコピーも用いている。東北を代表する港湾およびサーフスポットである仙台港が北東部に、宮城県内の純観光地の中で宿泊客数第1位を誇る秋保温泉が南西部に、宮城県内で利用者数1位を誇るスプリングバレー泉高原スキー場が北西部にある。中国では、魯迅が留学した都市として知られる。
現在の仙台市の推計人口は、東北地方の中で最も多い約108万人で、宮城県民の46.3%が居住する。また、仙台都市圏(広域行政圏)の推計人口は約152万人で、宮城県民の65.5%が居住する。県内総生産でも50.8%を仙台市が占めており(2009年度)[1]、「仙台一極集中」と言われることがある[2][3][4]。このような集積度と東北における拠点性により、物販面では隣県に及ぶ仙台経済圏を形成している。
当市はかつての宮城郡南部と名取郡北部に市域が広がるが、両郡の東部に広がる仙台平野(狭義)は、西と北を陸前丘陵[注 1]、東を太平洋の仙台湾、南を阿武隈川に囲まれる。また、同平野の北部は長町-利府線断層帯[5] を境に、北西側が洪積台地、南東側が沖積平野に分かれる[6]。当地は、畿内に端を発する山道(後に東山道に再編)と海道(後に東海道に再編)とが合一する唯一の地[注 2] であり、その合一した街道は後年、奥大道や東街道と名称を変えながらも同断層帯およびそれに続く高舘丘陵[注 1]の東縁に沿って南北に通る重要な道として存在し続けた。伊達政宗による仙台開府以前の当地では、この街道沿いを中心に、同断層帯・丘陵より東側の沖積平野にある自然堤防などの微高地(以下「東方微高地」)にのみ町場が形成された[7]。「東方微高地」には、4世紀末頃に東北最大の雷神山古墳(現名取市、地図)や県内2位の遠見塚古墳(地図)が築造され、7世紀半ばの陸奥国設置後は国府とされる郡山遺跡(地図)[8][注 3]や多賀城(現多賀城市、地図)[9]、さらに陸奥国分寺(地図)や陸奥国分尼寺(地図)など同国の重要施設も置かれた。 多賀城が11世紀前半[注 4] に国府としての機能を失うと、陸奥国府は陸奥府中の南西部にあたる現・JR岩切駅(地図)周辺の七北田川沿い「東方微高地」に移転し、南北朝時代まで続いた[10]。12世紀には陸奥国府は多賀国府とも呼ばれるようになり、国府周辺には多賀国府町(たがのこう町)と呼ばれる、陸奥国の政治・経済の中心地としての町場が戦国時代まで続いた[10][11][12]。当時のその他の町場には、原町の宿場[注 5]、陸奥国分寺の門前町である国分日町、国分氏の小泉城下町[13]、粟野氏の北目城下町(地図)[14] などがあり、いずれも「東方微高地」にあった[7][15]。
慶長5年12月24日(1601年1月28日)より政宗は、伝統的な当地の中心地である「東方微高地」ではなく、同断層帯より西側の洪積台地に広がる広瀬川の河岸段丘上に仙台城(青葉城、地図)および仙台城下町(地図)を建設して仙台藩62万石の中心地とした[16]。城下は、南北道の奥州街道と、仙台城大手門から石巻街道(塩竈街道)へとつながる東西道の大町とが交差する芭蕉の辻を商業中心とし、国分日町が移転してきた国分町[注 6][注 7]、北目城下町が移転してきた北目町[注 8][注 7]、そして伊達氏に従って移転してきた御譜代町6町などの町人町を城下の街道沿いに配置した[12][15]。「東方微高地」では、小泉城および小泉城下町が政宗によって再編されて若林城(地図)および若林城下町となったが、死後に廃城および仙台城下町に吸収合併された[12]。また、原町の宿場は石巻街道(塩竈街道)下り第一宿駅の原町宿(地図)[注 5]に再編され、旧・北目城下町の西隣には奥州街道上り第一宿駅の長町宿(地図)[注 3]が設置され、それぞれ仙台城下町とコナベーションした。この結果、仙台は「2城下2宿場連接都市」の様相を呈した。またこれ以降、奥羽(東北地方)最大都市となった(参照)。旧・陸奥府中では、塩竈(現塩竈市、地図)が仙台城下町の外港として発展し、塩竈と仙台との間の物流の中継地となった蒲生(地図)や原町も発展した。
明治になると、東京と青森のほぼ中間(双方からともに約350km)に位置する当地に、東北鎮台(→仙台鎮台→第2師団)が設置されて陸軍施設が集まり、「軍都」の側面を持ち始めた。1878年(明治11年)に仙台区となり、1887年(明治20年)には旧制二高が創立、仙台駅も設置された。同駅の設置以降、船運中心の江戸時代に発展した石巻や塩竈から、鉄道が集積する仙台に商権が移り[17]、現在に至る「商都」の側面を手に入れた。1889年(明治22年)4月1日に市制施行。日露戦争を機に1907年(明治40年)には東北帝国大学が創立し、「学都」としての地位を確立。また、同年から大正、昭和初期にかけて「五大事業[注 9]」を推進して近代都市へと脱皮し、中心商業地は一番町へと移り(参照)、郊外ではかつて宮城郡役所が置かれた原町、名取郡役所が置かれた長町など隣接町村と合併して、これら新市域に工場地区を形成した。鉱工業が発達する福島市・秋田市に次いで1941年(昭和16年)、東北地方で3番目に日本銀行の支店が置かれるなど、太平洋戦争前後に中央省庁の出先機関が集積する「行政都市」としての側面を得る[18] が、その一方で仙台空襲により中心部は廃墟となり、戦後占領期には進駐軍の米兵に経済を握られた。
高度経済成長期になると、企業の支店が多く進出して第三次産業が伸長し、「札仙広福」と並び称される支店経済都市となった。また、1964年(昭和39年)の新産業都市指定を機に、都市計画区域を隣接する宮城郡泉町(1971年より泉市、地図)・宮城町(地図)、名取郡秋保町(地図)に広げ[19]、さらに1970年(昭和45年)には12市町による「仙塩広域都市計画区域」が指定された[20]。すると人口集中地区 (DID) の急速な拡大とモータリゼーションが促進され、都心部の交通渋滞解決の必要から1976年(昭和51年)には仙台市電が廃止された。市電廃止は、「2城下2宿場連接都市」期における市街地の縁にあって、かつ市電と鉄道のターミナルだった北仙台・原町・長町の市内3拠点の商業中枢性を奪う結果も招いた[19]。
1980年(昭和55年)国勢調査人口より、福島県を抜いて宮城県が東北最大県となった(参照)。すると、泉・宮城・秋保の1市2町を編入合併し、県から権限を移譲されて市制100周年の1989年(平成元年)4月1日に全国で11番目となる政令指定都市に移行。1982年(昭和57年)の東北新幹線開業に合わせ、仙台駅の建て替えと大規模なペデストリアンデッキを伴う駅前整備がなされ、1987年(昭和62年)の政宗ブームや地下鉄南北線開業に始まるバブル景気期には民間投資と箱物行政(参照)により都心部に高層ビルが建ち並び始める(参照)が、一方で南北線沿いの泉中央副都心[注 10] や長町副都心[注 3]、あるいはロードサイド店舗に物販・職場が郊外化する傾向が見られるようになったため市は、バブル崩壊後の1990年代後半からコンパクトシティを志向するようになり、都心部への「アクセス30分構想[21]」を進めている(参照)。
2000年代に入ると高速バスの仙台 - 福島線や仙台 - 山形線などにおける値下げ・増便競争、および、仙台発着便の新規開設が進み、県外からの集客力が一気に増強した。また、JR仙台駅東口側一帯(合計:161.5ha[注 11])における土地区画整理事業に伴って宮城野通が開通し、JR仙石線が地下化され、東口駅前広場も完成した。そこに2004年(平成16年)、宮城野原公園総合運動場宮城球場(地図)を本拠地とする東北楽天ゴールデンイーグルス(チームカラーがクリムゾンレッド)が新規参入すると、都市計画用途地域で赤系色に塗られる地域(赤:商業地域、橙:近隣商業地域)への県外・海外資本の投資が進み「レッドバブル」と呼ばれた[注 12]。2006年(平成18年)に仙台・宮城デスティネーションキャンペーン(2008年10月1日 - 12月31日)の開催が決定すると投資は郊外を含めて加速、「ミニバブル」「プチバブル」などと呼ばれる活況を呈した(参照)。しかし、リーマン・ショック後の景気後退に加え、東日本大震災で大きな被害を受けた。現在は、復興の拠点となる一方、2015年(平成27年)12月6日の地下鉄東西線開業に向けた開発が進んでいる。

市域は、東を太平洋(仙台湾)、北を松島丘陵、西を奥羽山脈、南を名取川と境界としている。東西方向に宮城県を貫いており、奥州街道ルートで長距離移動する際、本市を経由せずに南北に移動することは不可能である。海岸から長町-利府線断層帯までが地質的には新しい沖積平野、その西が沖積平野より少し古い堆積岩類の台地であり、奥羽山脈の稜線近くは新生代に噴出した火山岩でできている。船形山、大東岳、神室岳などはいずれも50万年から150万年前に噴火した火山である。
仙台市は奥羽山脈を挟んで山形県山形市と接している。都道府県庁所在地同士が隣接する例には、他に京都市と大津市、福岡市と佐賀市があり、経済的にも深いつながりを持つ。

市街地は太平洋に開けた平野部に位置し、気候区分は太平洋側気候三陸型気候区に分類される。冬は海から近いことと晴天が多いため、東北地方としては温暖である。八王子市や宇都宮市といった関東地方の都市よりも最低気温は高く、真冬日は稀である。東北地方の県庁所在地の中で最も降雪量が少なく、積雪が一週間以上残存することは少ない。夏は太平洋からの海風の影響で気温はあまり上昇せず、夏日にはなるが真夏日・熱帯夜が少ない。また、霧の発生回数が政令指定都市の中では抜きん出て多いが、これは海上からの「移流霧」が主要因である[22]。梅雨から初夏、秋分前後には、北東からの冷たい海風により、曇りがちとなって冷え込むことがある。
年間平均気温:12.4 °C、降水量:1254.1mm、日照時間:1796.1時間。真夏日と真冬日の合計(うち真冬日1.7日)は約19日で、都道府県庁所在地の中で最も少ない。2番目は水戸市の約33日で、東京都(千代田区)の約49日、大阪市の約73日と比べても非常に少ない。春から夏にかけて東風が卓越し、オホーツク海気団の冷涼湿順な海風が入り、奥羽山脈によるフェーン現象の影響を受けにくいことが要因である。冷涼な海洋性の気候で寒暖の差が少ないと言える。








 当サイトでは相互リンクを随時募集しております。
【相互リンクのお申込み方法】
当サイトのトップページへリンクを貼って頂きましたら、メールにてご連絡下さい。
その際、[サイト名] [サイトのURL] [相互リンク貼って頂いたURL]を記載して送って下さい。
リンク確認後、当サイトの相互リンクに掲載させて頂きます。



▼リンク用のバナーは、下記よりお持ち帰り下さい。
シルクハット
http://silkhat.net/
シルクハット (テキストバナー)
シルクハット (バナー画像01)
シルクハット (バナー画像02)
シルクハット (バナー画像03)